読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまぐれえいが。 -whimsy movies-

気まぐれに見た映画を紹介していく、ゆる〜いブログ。

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』

f:id:kimagure-movie:20160907223718j:plain

youtu.be

 いやぁぁああ、素晴らしい!

マーベルやらDCコミックスのヒーロー軍団もいいけど、この”フォー・ホースメン”たちも負けてない。

f:id:kimagure-movie:20160907223449j:plain

またメンツが良いよね。

バットマンvsスーパーマン』の影響か今回は坊主頭のジェシー・アイゼンバーグを筆頭に、憎めない奴らばっかり!前作から比べると、こいつら息がぴったりだなぁ感もちゃんとあって良い。

しかもこの人たちって、決して超人なわけではないから〜

失敗するかもしれない!死ぬかもしれない!っていう中で、悪と対峙する

いわゆる”スパイ映画”的なドキドキも兼ね備えてる。ずるいね。

 

この映画の最もすごい所は〜

前作からも同様、”本物のイリュージョン”を映画で見れるってとこ。

パンフレットにも書いてあったけど、役者たちにはマジック練習合宿に行ってもらい、本格的に指導したそうな。撮影もなるべく特殊効果に頼らず、ありのままを見せることに全力を注いだんだそう。前作はイリュージョンシーンで結構CG使ってて、ややげんなり…ってとこもあったけど、確かに今回はそういう残念なシーンは徹底的に省いてたなあ。

それもあって既に作られたものであるはずの映画に対して〜

おおおお!すげえええ!

うおおお、マジか。あの時もう騙されてんのかよぉ!!!!! 

とか思えちゃう。

この、異常なまでの”本物感”はどこから来るのか?

監督、また役者の努力はもちろんだけど…やはり監修を担当しているキース・バリーと、デヴィッド・カッパーフィールドらガチ・イリュージョニストたちのお陰なのではないでしょうか。

 

まずはキース・バリーさん。

f:id:kimagure-movie:20160908223530j:plain

不勉強ながら彼のことは存じ上げませんでしたが…世界的なメンタリストだそう。

調べてたら、こんなカードマジックが。鳥肌。怖い。

youtu.be

そして、デヴィッド・カッパーフィールド。

f:id:kimagure-movie:20160908223548j:plain

誰このおっさん…とか思った人。こらぁっ!!!!

誰が寝起きのおっさんじゃ。

実は私この人のイリュージョン・ショーは日本公演で、鑑賞したことがあるんですが…

マジでヤバいです。他の人とはレベルが違う…もはや魔法です。

……は?

いや、だから、この人…本当にこういうこと出来る人なんじゃねぇか?って思わざるを得ない、壮大かつ美しい、なんつうか…タネのことなんてもうどうでも良くなっちゃうエンターテイメント・ショーをやってのける人なんです。

私が子供のとき見て、最も衝撃を受けた”Laser”というネタ。

youtu.be

そしてこれも彼の代表的ネタ。観客がこんだけ近いし…

まじ、どうなってるわけ?ピーターパンなのか…?しかもなんか感動すんだけど。泣きそう。

youtu.be

巷では、彼はマイケル・ジャクソンより稼いだとされる大物中の大物。

あ、マイケル絡みと言えば…無駄に豪華な出演者で固められた『リベリアン・ガール』という曲のPVにもカッパーフィールドの姿が。

youtu.be

やっぱ浮いてますね。w

 

あと一つ、カッパーフィールドネタで言えば〜

今作で気持ち悪いひげ面ヴィランとして登場してる”ハリポタ”こと、ダニエル・ラドクリフ

f:id:kimagure-movie:20160909191922j:plain

彼はかつて〜カッパーフィールドが芸名として引用するほど惚れ込んだ、チャールズ・ディケンズの長編小説『デイヴィッド・コパフィールド』の実写版でデビューしてましたね。

f:id:kimagure-movie:20160909191739j:plain

これが偶然なのか意図されたものなのか…?それは知りません。w

 

と話は戻って、こんな偉大なイリュージョニストたちが、真剣に映画作ってるんだから、それだけでも見る価値有り。1800円なんか安いもんじゃ。

 ついつい拍手しちゃいそうになるシーンの連続!ぜひ劇場へどうぞ。

オススメです!

あ、でも…

 

ご鑑賞の際は、必ず前作『グランド・イリュージョン』は鑑賞の上、お願いします。約束ね。

以上!